永遠に追いかけっこ

しげおかだいきくん

おめでとうがいっぱい


重岡大毅くん、

溺れるナイフ」出演おめでとうございます!

漫画読まない人間なので原作も読んだことはないんですが、噂の段階でどきどきわくわく、ようやく発表されて更にどきどきわくわくが止まりません。素晴らしい予感しかしないね。


ジャニーズWESTさん、

「逆転Winner」リリース決定おめでとうございます!

立て続けに嬉しい発表、かっこいい〜!だいすき〜!ってただただ嬉しいです!楽しみ!



私事ではありますが、

maiohs.hatenadiary.jp

カウントダウンアプリをインストールしてこの記事を投稿した日付を入れておいたら、つい先日300日というキリのいい数字を迎えまして。

f:id:maiohs:20160308021420j:image 

浮かれてちょっと加工しました。ハート飛ばしちゃいました。

重岡くんっていうのか、デビューするのか、好きだ…って一目惚れしたあの瞬間、

その後色んな言い訳をして重岡くんのことあんまり見ないようにしてたあの時期、

そしてブログにもう降参ですと宣言したあの日


色んな言い訳っていうのは、「嵐の15周年をしっかり見たい」っていう使命感から来ていたんですけど、これって自分の中で絶対王者だった櫻井さんを重岡くんが超えるかもしれないってわかってたからなんですよね。わかってたならもう少しちゃんと向き合っていれば後悔は少なかったかなあ…って思う最近(あの雑誌なんで買わなかったんだろう、とかすごく思う)


嵐さんがデビューした当時、櫻井さんを好きになった当時、わたしは小学生で。どう頑張っても櫻井さんと嵐の全てを追うことは出来なかったあの頃、「もっと早く生まれたかった」とか馬鹿なことばっかり考えて。ジャニーズJr.だった櫻井翔をリアルタイムで見たかったしデビュー後も色んなことを一緒に喜びたかった。小学生の時も中学生の時も好きでも購買は難しかったしずっと苦しかった…ずっと。今も嵐さんのことを考える時はこういうモード入ったりする。

重岡くんにもう少し早く出会いたかったっていう気持ちも勿論あります。正しくは出会っていたのに気付かなかった、だと思うけど。重岡くんに出会うまでのわたしは何故だか少し関西への苦手意識があって、アイドル誌の関ジュのページを飛ばしがちでした。そりゃ出会えないわ、当たり前だわ、当時のわたしがんばれ。

でも今を、ジャニーズWEST重岡大毅を、応援することが出来て本当に幸せだなあって。

こうやってリアルタイムで喜びを感じることが出来て本当に嬉しいなって。ここのところ続いている嬉しい話題の中で日々感じています。

そして嵐さんを応援する中で感じていた「もっと早く生まれたかった」という気持ちは、なんとなくだけど変わってきてる気がする。

重岡くんに出会えたこと、ジャニーズWESTに出会えたこと、わたしにとってすごく大きな出来事だったんだなって。この300日と少しを振り返って、何が変わったかなって思ったらやっぱり応援の仕方や考え方なのかな〜

と改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。重岡くんありがとう、大好きです。